渡辺孝男さんが参議院議員選挙3期目を当選した時

2014年4月18日 / 未分類

渡辺孝男さんは、2007年(平成19年)7月29日に第21回参議院議員通常選挙が行われ、全国比例区から公明党公認で3期目の当選をしました。

第21回参議院議員通常選挙の時の内閣は第1次安倍内閣です。 (安倍首相は、9月12日に突然、体調不良が原因として、退陣表明をする。 その後、23日に、福田康夫氏が新総裁に確定。)

議席数は、 自由民主党  83 公明党    20 民主党    109 日本共産党  7 社会民主党  5 国民新党   4 新党日本   1 無所属    13 でした。

年金問題(約5000万件の年金記録について適切な管理がされていないことがわかった問題)や、 郵政造反組復党問題(郵政民営化法案に反対したことを原因に自由民主党から離党処分が下された政治家を復党させることで生じた問題)など、 相次ぐ不祥事が重なり、自由民主党の獲得議席が大幅に減り、結党以来初めて他党に参議院第1党の座を譲る結果になりました。

期日前投票制度の普及と、国民の自民党政権に対する強い批判もあり、投票率は前回より2パーセントほど上昇しました。

公明党の中央幹事会代表は太田昭宏氏 中央幹事会代表代行は浜四津敏子氏 中央幹事会副代表は坂口力氏、草川昭三氏、井上義久氏、東順治氏 中央幹事会幹事長は北側一雄氏 政務調査会長は斉藤鉄夫氏 国会対策委員長は漆原良夫氏 参議院議員会長は草川昭三氏 です。

この年の出来事としては、 1月、宮崎県知事に東国原氏が当選。東国原県知事の活躍が全国民の興味を注ぎ、宮崎県の活性化にもなりました。 4月、東京都知事選で、石原慎太郎氏が3選しました。

10月に、国営で行われてきた郵政事業を民間企業に改編するという、 郵政民営化が始まりました。

また、この年は、食肉の偽装や、有名菓子店の賞味期限偽装、高級料亭の産地偽装など、食に関する事件が多く、国民にとって、食の安全・信頼が大きく揺らいだ年でした。

タグ: ,

渡辺孝男さん、参議院議員選挙2期目当選の時

2014年3月10日 / 未分類

渡辺孝男さんは、2001年(平成13年)7月29日に行われた、第19回参議院議員通常選挙に全国比例区から公明党公認で2期目の当選をしました。 その時の選挙の簡単な解説と、その年の出来事などを書いていきたいと思います。

当時の内閣は、第1次小泉内閣です。

この選挙は第1次小泉内閣発足後初の国政選挙でした。

議席数は 自由民主党   139 公明党     23 保守党     5

民主党     59 自由党     8 日本共産党   20 社会民主党   8 無所属     13 でした。

自民党は小泉総裁が高い人気を得ていたために、多くの議席を獲得することができました。 公明党は選挙区、比例区とも手堅く、13議席を得られました。

公明党の代表は神崎武法氏 代表代行は浜四津敏子氏 副代表は坂口力氏、鶴岡洋氏 幹事長は冬柴鐡三氏 政務調査会長は北側一雄氏 国会対策委員長は太田昭宏氏 参議院議員会長は鶴岡洋氏 常任顧問は石田幸四郎氏、市川雄一氏、続訓弘氏、藤井富雄氏 です。

2001年の出来事としては、 3月に大阪市にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が開業 9月には東京ディズニーシーが開園、東京ディズニーシーホテルミラコスタも開業しました。

7月に2008年に行われるオリンピック開催地が北京に決定しました。 8月に、小泉首相が靖国神社を参拝し、中国や韓国から激しく反発をうけました。

また、アメリカでは9月11日に同時多発テロ事件が発生し、全世界に衝撃を与えました。 9月12日には1984年以来、日経平均株価が終値で1万円を下回りました。

日本で初めての狂牛病の感染牛が発見されたのもこの時期です。

小泉首相の人気は高く、2001年の流行語では、「米百俵」「骨太の方針」「聖域なき改革」など、小泉首相が発した言葉がたくさん選ばれました。

タグ: , ,

渡辺孝男さんが初当選した時の選挙データ、日本の出来事

2014年2月28日 / 未分類

渡辺孝男さんは、1995年(平成7年)7月23日の第17回参議院議員通常選挙に比例区から新進党公認で初当選しました。

当時の内閣は村山内閣で、選挙では自由民主党、日本社会党、新党さきがけによる村山富市政権の是非が主な争点でした。 1994年の公職選挙法改正で参議院の地方区の8割8減が行われました。

この時の投票率は50パーセントを割り込むという記録的な低投票率でした。 議席数は 自由民主党  111 日本社会党  37 新党さきがけ 3

新進党    57 日本共産党  14 民主改革連合 2 第二院クラブ 2 公明党    11 スポーツ平和党1 平和・市民党 1 無所属    13       でした。

当時の新進党の常任幹事会党首は海部俊樹氏 常任幹事会副党首は羽田孜氏、石田幸四郎氏、米沢隆氏 常任幹事会幹事長は小沢一郎氏 政策審議会長は中野寛成氏 総務会長は渡部恒三氏 参議院議員代表は吉田之久氏 です。

1995年の日本の主な出来事としては、 1月17日、赤石海峡を震源とした兵庫県南部地震、阪神・淡路大震災が発生しました。 この地震で、兵庫県を中心に、大阪府、京都府も大きな被害を受け、特に震源地に近い神戸市の市街地は甚大な被害を受けました。

3月20日、オウム真理教による、東京地下鉄での、地下鉄サリン事件があり、たくさんの犠牲者がでました。 この事件は一般市民に対して化学兵器が使用されるという、史上初のテロ事件として日本はもちろんの事、世界中にも衝撃を与えました。

また、日本はこの年、戦後50周年の節目の年でした。 それにあたって、8月15日の戦後50周年記念式典で村山総理大臣が閣議決定に基づき発表した声明は「村山談話」として有名で、以後の内閣にも引き継がれ、日本国政府の歴史的見解としてもしばしば取り上げられることとなりました。

タグ:

渡辺孝男さんが選挙に初当選するまでの経歴

2014年2月5日 / 未分類

渡辺孝男さんの医師の間の経歴を説明していきたいと思います。

昭和49年に東北大学医学部医学科を卒業して医師免許を取得しました。

同年7月、東北大学医学部脳神経外科教室に入局。脳卒中の研究などを行いました。

昭和52年10月、国立療養所宮城病院外科・国立仙台病院脳神経外科、 昭和54年4月、東北大学医学部付属病院脳疾患研究施設脳腫瘍部門助手 を歴任。同年10月にはアメリカのマイアミ大学医学部に4ヶ月間、留学しました。

昭和55年には日本脳神経外科学会専門医を取得。 昭和56年には東北大学医学博士号を取得しました。 昭和57年4月、米沢市立病院脳神経外科医長を務めると同時に、昭和59年からは、東北大学医学部の非常勤講師もされていました。(平成7年3月まで) 平成3年4月、米沢市立病院脳神経外科部長、手術室長後、平成5年4月には同病院第二診療部長、脳神経外科長を歴任し、地域医療の第一線で働きました。

平成7年は、日本医師会認定健康スポーツ医に認定されました。

日本医師会認定健康スポーツ医は、平成3年度に設置されたもので、スポーツ競技者だけではなく、一般の人も含めた健康の維持と増進を目的としたものです。 健康スポーツ医は、地域保健の中でのスポーツ運動指導、学校保健、産業医活動の中での指導などの役割があります。

そして、同年7月に比例区より参議院議員に初当選しました。 当選後の平成8年には、日本医師会認定産業医に認定されました。

日本医師会認定産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるように、専門的な立場から指導や助言を行う医師のことです。 産業医は、産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通して労働者の健康障害を予防し、心身の健康を保持して増進することを目指した活動を遂行しなければいけません。

タグ: ,

渡辺孝男さんの公明党内での役職

2014年1月28日 / 未分類

渡辺孝男さんの公明党での役職について説明していきたいと思います。

・温泉活用・温泉地活性化プロジェクトチーム 座長  平成14年2月

また、渡辺孝男さんは、日本温泉気候物理医学会認定温泉療法医でもあります。

・アレルギー疾患対策プロジェクトチーム 副座長  平成15年6月

花粉症・ぜんそくなどのアレルギーは今や全年齢層にわたる「国民病」 となっています。この対策は国を挙げて行わなければならない。ということから、アレルギー疾患対策についてプロジェクトチームを組み、基本法制定を目指しています。

・食の安全推進委員会 委員長  平成16年2月

消費者の食の安全を確保するために、食中毒、食品の汚染問題などに取り組んでいる委員会です。

・政務調査会 副会長  平成16年11月

政務調査会は政策立案、決定の為の調査や研究を行って、代表質問、一般質問の作成、意見書や要望書をとりまとめる役目があります。

・ドクターヘリ全国配備推進プロジェクトチーム 座長  平成16年12月

阪神・淡路大震災の教訓をふまえて、ドクターヘリの重要性と早期導入の実現に向けて活動するプロジェクトチームです。

・社会保障制度調査会 事務局長  平成17年12月

社会保障についての調査、審議などを行います。

・農林水産業活性化推進本部 本部長  平成19年4月

農林水産業の活性化のために具体的な活動を展開していくことを目的としています。

・厚生労働部会 部会長  平成19年9月

・東北方面副議長、北海道本部、東北六県本部顧問

・中央規律委員会副委員長

・がん対策推進本部事務局長

・じん肺問題対策プロジェクトチーム事務局長

じん肺は粉塵を長期間吸引した結果、肺の細胞にそれらが蓄積すること によって起きる肺の病気のことです。  この問題を解決するために立ち上げられたプロジェクトチームです。

タグ:

渡辺孝男さんが提出した議案について

2014年1月23日 / 未分類

渡辺孝男さんが提出した議案について述べていきたいと思います。

・第174回通常国会 参法174回3号 「児童扶養手当法等の一部を改正する 法律案」

児童扶養手当の説明としては、 父母の離婚などによって父または母と生計を同じくしていない児童を養育している母子家庭等の生活の安定と自立を助けるための制度です。

この法案は、 父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活状況などを考えて、 児童扶養手当の支給対象を父子家庭の父・事実上離婚状態にある母を加えるとともに、支払回数の改善、公的年金給付金との併給調整の一部廃止、一定期間経過後の支給制限の廃止等の措置を講ずる必要があるという理由の為に提出されたものです。

・第174回通常国会 参法174回11号 「口蹄疫対策特別措置法案」

口蹄疫とは、豚や牛などが感染するウィルス性伝染病のことで、ウィルスが付着した飼料、人、車両も感染経路となるため、発生すれば、消毒や交通規制などが必要となります。

この法案は、 被害が深刻化している口蹄疫に対処する為に提出された法案です。 家畜の生産、食肉、牛乳や乳製品の製造、加工、流通、販売事業、飲食店営業の健全な発展を図るための特別措置、家畜の生産者の経営と生活安定のための措置について定める必要があるために提出されたものです。

・第180回通常国会 参法180回20号 「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案」

造血幹細胞とは、幹細胞とも呼ばれ、赤血球・白血球などの血液細胞のもととなる細胞のことです。

この法案は、 移植に用いる、造血幹細胞の適切な提供の推進を図り、 造血幹細胞移植の円滑で適正な実施に資するために、移植に用いるための造血幹細胞の適切な提供の推進に関して基本理念を定めて、骨髄・末梢血幹細胞提供あっせん事業について必要な規制と助成を行う必要があるために提出された法案です。

タグ:

渡辺孝男さんの主な所属議員連盟

2014年1月20日 / 未分類

渡辺孝男さんの主な所属議員連盟について説明していきたいと思います。

・北京オリンピックを支援する議員の会

北京オリンピックが2008年に開催される事が決定した際に、オリンピックの支援をすることを目的として作られた議員連盟です。

これは、2006年に河野洋平衆議院議長が北京を訪問した際に、依頼され、決定したもので、 会長が河野洋平氏、副会長が福田康夫氏、幹事長が野田穀氏、会長代理が中川秀直氏と鳩山由紀夫氏の他、200名以上の国会議員が参加しました。

渡辺孝男さんも、メンバーの1人として参加しました。

・禁煙推進議員連盟

2002年に設立された議員連盟です。

・「健康増進法」による法制化の促進 ・分煙の推進 ・禁煙教育の促進 ・たばこによる健康被害の改善 ・自動販売機の規制 ・ポイ捨ての禁止 ・未成年、妊婦の喫煙防止 ・受動喫煙(非喫煙者に対するたばこの煙による害)に関わる啓発 ・国会施設内の全面禁煙化の実現 など、たばこに関する諸問題の解決と対策を目的として設立されました。 渡辺孝男さんは2013年の議員引退までメンバーとして参加していました。

・適切な医療を実現する医師国会議員連盟

医師の資格を持つ国会議員によって医療政策の向上を目指して2011年に設立された議員連盟です。

渡辺孝男さんは、脳神経外科の副会長として2013年の議員引退まで所属していました。

活動内容としては、専門家の立場に立って、政策の提言を行い、日本の医療と皆保険制度を守り、医療従事者の地位向上の活動を趣旨としています。

また、2012年に発生した東日本大震災では、被災者への医療提供の要望集約など、積極的な活動を行いました。

以上、渡辺孝男さんが所属していた3つの議員連盟についての説明でした。

タグ:

渡辺孝男さん内閣での官職について

2014年1月15日 / 未分類

渡辺孝男さんは、2002年~2003年に農林水産大臣政務官の官職に、2008年~2009年に厚生労働副大臣の官職に就いていました。

この2つの官職について説明していきたいと思います。

農林水産大臣政務官。 農林水産大臣政務官は、 農林水産省を担当する幹部で、大臣の政務官のことです。政務を担当する役割をもっています。 農林水産大臣の補佐役と、特定の政策、企画に参画して政務を処理することを職務としています。 政務官は、2名で運用することとしています。 渡辺孝男さんは、自民党の熊谷市雄氏と就任しました。

大臣政務官の位置としては、副大臣の下、事務次官の上となります。 では、副大臣と政務官はどう違うのでしょうか? 副大臣と政務官の違いは、副大臣は政策全般について大臣を助けるのに対し、政務官は特定の政策について大臣を助ける。ということと、大臣が不在の場合、副大臣が大臣の職務を代行できるのに対し、政務官はその権限は認められていないことがあげられます。

農林水産省は食料安定供給の確保、農林水産業の発展、水産技術の改良、林業の改善、農業の多面にわたる機能の発揮、農地の改良、家畜の改良、森林の保持培養、土地の改良、水産資源の保存と管理などを任務とする組織です。

次に厚生労働副大臣についてです。 厚生労働副大臣は、 厚生労働省を担当する副大臣で定員は2名としています。 渡辺孝男さんは、2008年8月5日~鴨下一郎氏と、2008年9月29日~大村秀章氏と就任しました。 その時の厚生労働大臣は舛添要一氏です。

厚生労働副大臣は厚生労働大臣の補佐役を職務とします。 厚生労働副大臣の下は、厚生労働大臣政務官になります。

厚生労働省は国民の生活の保障と向上、経済の発展のために、労働者の働く環境の整備や職業の確保を図ることを任務としています。 その為、医療、子育て支援、福祉、介護、年金、社会保障、雇用などを所軸としています。 厚生労働省は2001年に厚生省と労働省を統合してつくられました。

タグ:

渡辺孝男さんの参議院での役職歴

2014年1月12日 / 未分類

渡辺孝男さんの参議院での役職、法務委員会の委員長と行政監視委員会の委員長について説明したいと思います。

渡辺孝男さんは2004年~2005年まで、参議院法務委員長をされていました。 法務委員会は、衆議院、参議院における常任委員会です。

参議院総務委員会は委員長1名、理事4名、委員15名、計20名が選出、指名されます。 衆議院総務委員会は委員長1名、理事8名、委員26名です。 委員長は委員の互選、議長に指名されて選任されると定められています。

法務委員会は昭和23年に設立されました。 委員会の役割としては、裁判所の司法行政、法務行政、国内治安、人権擁護などに関する事項を対象としています。

参議院法務委員長で、 渡辺孝男さんの先代は山本保議員。 次代は弘友和夫議員。です。

そして、2009年~2010年は、参議院行政監視委員長をされていました。

行政監視委員会は参議院のみに置かれる常任委員です。

参議院行政監視委員会は委員長1名、理事6名、委員23名、計30名が選出、指名されます。 委員は、議院において選任されます。 選任は、すべて議長に指名によって行われます。 委員長は委員の互選、議長に指名されて選任されると定められています。

行政監視委員会は参議院改革の一環として、行政監視機能を向上させる為に平成10年に設立されました。 委員会の役割としては、積極的に国政調査権を活用すること。また、行政運営の不適切、怠慢などによって生じる苦情の調査を行い、処理を行う役割をしています。これによって、行政の運営、行政監視を点検して適正化を図っています。行政の監視とは、法律の執行を監視する事としています。

参議院行政監視委員長の先代は山下栄一議員。 次代は伊達忠一議員。です。

タグ:

元議員、渡辺孝男さんの出身校について

2014年1月10日 / 未分類

元議員の渡辺孝男さんの出身高校、出身大学について、詳しく説明していきたいと思います。

1968年に茨城県立土浦第一高等学校を卒業。

この学校は、1897年4月22日に設立された、 茨城県土浦市に所在する県立高等学校です。 筑波大学、東京大学、東北大学、早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学、などの合格者が多数出ている、進学校です。 この高校の特徴としては、 体育祭は、一高オリンピックと言われています。 30キロほどを学校に向かって歩く、歩く会という行事もあります。 また、修学旅行はなく、1年生の希望者のみ、スキー旅行があります。

政界では、渡辺孝男さんの他に、元衆議院議員の石井章氏、狩野明男氏、池田峯雄氏、茨城県議会議員の青山大人氏など、この学校を卒業されている方は多数います。 他にも、財界、学界、スポーツ界で活躍されている方も卒業生で多数います。

渡辺孝男さんは、この学校を卒業後、東北大学医学部医学科に進学しています。

東北大学は宮城県仙台市にある1907年に設置された国立大学です。

学部は医学部の他に文学部、教育学部、法学部、経済学部、理学部、歯学部、薬学部、工学部、農学部があります。

「研究第一主義」「門戸開放」「実学尊重」の3つを大学理念としています。

政界からの卒業生は、福田昭夫氏、佐々木紀氏、後藤斎氏、森雅子氏など多数います。 政界だけではなく、作家、ジャーナリスト、マスコミ関係など様々な著名人が多数卒業しています。

また、2011年3月11日の東日本大震災で大学の施設、研究設備が甚大な被害を受けました。

渡辺孝男さんは、東北大学を1974年3月に卒業して、医師免許を取得し、東北大学医学部脳神経外科医局に入局しています。

タグ:

TOPへ戻る